医療機器紹介

牛田クリニック 医療機器紹介

内視鏡タイトル

  • 内視鏡
    内視鏡とは・・・
    内視鏡検査とは、先端に小型カメラ(CCD)またはレンズを内蔵した太さ1cm程の細長い管を口あるいは肛門より挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の内部を観察し、時には治療を行うものです。

  • 内視鏡
    上部消化管検査
    上部消化管とは食道・胃・十二指腸を指し、口または鼻から内視鏡を挿入し、これらの部位を一連の検査で観察します。
    昔から「胃カメラ」と言われてきたものです。当院では一般検査〔経口内視鏡(口から入れる内視鏡)、経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)など〕を行っております。

経鼻内視鏡検査
当院では、鼻から挿入して行う経鼻内視鏡検査を行っております。経鼻内視鏡検査には、「苦痛が少ない・吐き気が起きにくい・検査中も会話ができる」というメリットがあります。内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることがないため、挿入による不快や吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。
経口挿入イメージ
経口挿入
内視鏡が舌のつけ根を通るため、
不快や吐き気を感じやすい。
経鼻挿入イメージ
経鼻挿入
内視鏡が舌のつけ根を通らず、
のどにも触れないので、
不快や吐き気を感じにくい。

  • 大腸内視鏡検査イメージ
    大腸内視鏡検査
    大腸内視鏡検査とは、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープや癌、炎症などを診断します。組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除(ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術など)することもできます。

▲ページトップ


ウォーターベッドタイトル

ウォーターベッドについて
ベッドの床面から噴射される水圧を利用して全身をマッサージし、血行を促進するベッドです。
当院では慢性的な腰痛、肩こりなどを対象とし、水による柔らかい刺激を用いるので高齢者の方や骨変形のある方でも安心して使用できます。
ウオーターベッド:ベッドの床面から噴射される水圧を利用して全身をマッサージし、血行を促進するベッドです。

多彩なマッサージパターン「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」「なでる」「のばす」の手技を再現

低速から高速まで、広域にわたるノズルの移動速度に加え、「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」「なでる」「のばす」の豊富なパターンを実現。
リラクゼーションに向けたゆっくりとした動作からダイナミックなマッサージまで、多彩な「手技治療」が可能です。

腰椎牽引治療器タイトル

腰椎牽引治療器について
腰掛けるだけで腰椎牽引が可能な牽引機です。
空気の力で体形にあわせて腰部をやさしくしっかり固定。リラックスモードを搭載することにより、 牽引休止時には自動排気。腰部の圧迫感を軽減します。
腰椎牽引治療器

▲ページトップ