入院のご案内

入院のご案内

入院のご案内イメージロゴ


ぎおん牛田病院の取り組み

病気だけでなく心も看る医療をめざします。

病院理念である「家族のようなあたたかさを医療と共に」「病気だけでなくこころも看る医療」を合言葉に、日常的な健康を見守る「かかりつけ医」としての役割、そして急性期から亜急性期・慢性期の治療に対する「病院」としての役割を担いながら地域医療に貢献できるよう体制を整えております。

いずれの診療内容におきましても私たちが目指すのは患者様中心の医療です。周囲の医療機関や介護福祉施設と連携しながら心のこもった医療をお届けしたいと考えています。

リハビリテーション科について
  • ●麻痺症状、痛み、コミュニケーション障害、嚥下障害など、様々な疾患、症状に対し各資格者が専門的に評価・治療。
  • ●治療には徒手的治療の他、豊富なリハビリ機器を用いて様々な方向からアプローチ。
  • ●在宅復帰を目標とする患者様には、退院前後自宅訪問により退院前に環境を提案、退院後の生活もフォロー。
  • ●患者様のみでなく、常に御家族にも些細な相談も受け付け介助方法などの指導も可。

1.患者様の権利

  • ・患者様は人権が尊重され、安全で良質な医療を公平・公正に受けることができます
  • ・病気・治療・検査、今後の見通しなどの説明を受け、検査や治療方法などを自分の意志で選ぶことができます。
  • ・診断や治療について、他の医師の意見を求めることができます。
  • ・診療記録の開示を求めることができます。
  • ・診療上の個人情報やプライバシーが保護される権利があります。
  • ・治療等に要する費用見込みや明細について説明を受けることができます。
  • ・これらの権利を守り、最大限の治療効果を発揮するために、患者様は医療従事者と力をあわせて医療に参加し、協力する責任があります。

2.患者様へのお願い

  • ・迷惑行為の禁止
    1. @入院のうえは、病院の諸規則及び診療上指示されたことを固く守って頂きます。なお、違反した場合は退院していただくことがあります。
    2. A当院は敷地内全面禁煙となっておりますので、入院中の喫煙は御遠慮ください。
      また、危険物の持ち込みや飲酒は固くお断りします。
  • ・携帯電話の使用
    病棟の電話コーナーや家族控室など、一部の場所で使用できますが、それ以外の場所では電源をお切りください。(職員が使用している院内PHSは医療機器に影響を与えないものを使用しています。)
  • ・病棟、病室の変更
    患者様の状態により病室やベッドを移動させて頂くことがあります。
  • ・外出、外泊
    外出・外泊される時は、必ず事前に各病棟看護職員に届け出て医師の許可を受けて下さい。
  • ・他医療機関への受診
    入院中に他の医療機関を受診する場合(薬のみの場合も含む)は担当医の判断が必要です。必ず相談の後、診療情報提供書(紹介状等)をお持ち頂いた上で受診してください。
    ※他の医療機関での医療費の患者様負担分は患者様にお支払い頂きます。
  • ・付き添い
    入院中のお世話は、看護・介護職員が致しますので原則付き添いの必要はありません。
  • ・緊急連絡先等の変更
    住所、連絡先の変更がありましたら入院病棟ナースステーションまでご連絡ください。
  • ・貴重品
    入院中に必要な日用品以外はお持ちにならないでください。万が一紛失した場合は、責任を負いかねますのでご了承ください。
  • ・病室の利用
    @病室に設置されている物以外のお持ち込みはご遠慮ください。
    A壁やテーブルに写真等貼り付けないようにお願い致します。
    B個室以外でテレビやラジオを使用する場合はイヤホンを使用してください。
  • ・贈り物の禁止
    医師や職員への贈り物はお断りしております。

3.入院までの手続き

  • ・入院日の決まっている患者様は、特に指定された場合を除き入院日当日の午前中に1階受付で入院手続きをして下さい。
  • ・入院日が決まっていない方は、入院日が決まり次第病院から連絡致します。場合により、入院前日の連絡になることがありますのでご了承ください。
  • ・都合で指定時間に来院できないとき、又は入院をとりやめたいときは、必ず地域医療連携室(082−850−3133)までご連絡ください。

4.入院時に持参して頂くもの

  • ・入院申込書
  • ・印鑑
  • ・診察券、健康保険証(高齢受給者証・介護保険証・障害者手帳・限度額認定証等も併せてお持ちください)
  • ・内服中の薬、お薬手帳(お持ちの方のみ)
  • ・日用品
    ヘアーブラシ、履物(滑りにくく、転倒しにくいもの)、ひげそり、イヤホン
    ●CSセットをお申し込みの方CSセット(ケアサポートセット)は、サービス向上と院内感染予防対策、院内清潔保持を目的として入院中の衣類・タオル類・消耗品などの入院時に必要物品がレンタルできるサービスです。(別紙ご案内をご参照ください) ●CSセットをご利用でない方コップ、BOXティッシュ、タオル、バスタオル、寝衣、口腔ケア用品、爪切り、ウェットティッシュ
  • ※他院からの転院の場合は紹介状(原本)と退院証明書をお持ちください。
  • ※その他のものにつきましては、別紙料金表をご参照ください。

CSセットについて

▲ページトップ

5.食事

適切な時間に食事の提供をさせて頂きます

  • 朝食 08:00
  • 昼食 12:00
  • 夕食 18:00
  • ※治療食の患者様もおられるため、食べ物の持ち込みを希望する場合は看護職員にご確認をお願い致します。

6.入浴

症状に応じた入浴介助を行います

・普通入浴(4階)
見守りが必要であれば職員が介助致します。
(ご家族が付き添いされても構いません)
・清拭
入浴できない場合は全身清拭します。
・シャワー浴(3階)
普通浴が困難な患者様は寝たままでの入浴を行います。

7.洗濯

洗濯機・乾燥機は3階にあります。(1回100円)
又、私物の洗濯を希望される場合はクリーニング業者と直接契約をしていただくようになりますので、看護職員までお申し出ください。

8.面会

  • ・面会時間 9:00〜20:00
  • ※感染予防のため入室前に手洗いをお願い致します。
  • ※風邪や下痢をしているなど体調のすぐれない方は面会を御遠慮ください。
  • ※患者様の個人情報保護のため、電話等による入院患者様についてのお問い合わせにはお答えしておりませんのでご了承ください。
  • ※外部からお取次した通話は短時間でお願い致します

▲ページトップ

9.入院費用

  • ・健康保険法、後期高齢者医療制度の規定に基づき算定いたします
  • ・入院費は泊数ではなく1日(暦日)単位で計算されます。
  • ・保険証の提示がない場合は、実費請求となりますのでご注意ください。又、保険証の変更がある場合には、直ちに1階受付へご提示ください。
  • ・保健適応外のものは実費を頂きます。(保険外利用料金表参照)
  • ※個室使用(保険適用外なので使用料をいただきます)についてご希望の場合はお申し出ください。
  •  また、入院中の状況により、患者様の同意を得て個室をご利用頂く場合がありますが、その際にも使用料がかかりますので、あらかじめご了承ください。

10.入院費の請求

  • ・入院費は月末締め(請求書は翌月の11日発行)となります。入院時に選択して頂いた方法にて請求書をお届け致します。

受付時間:平日 9:00〜17:00 土曜日 9:00〜12:00
支払場所:1階受付

11.地域医療連携室のご案内

入院や退院、通院に伴って起こる患者様のさまざまな問題や、退院後の在宅ケアなどについてMSW(医療ソーシャルワーカー)がご相談をお受けします。ご利用の際には主治医もしくは病棟看護職員へお申し出いただくか、地域医療連携室(1階受付)まで直接お訪ねください。

相談時間:9:30〜17:00

12.退院時の手続き

  • ・退院については医師が許可します。
  • ・退院の際には入院病棟のナースステーションの看護師から退院時の説明を受け、1F受付にて退院会計をお済ませのうえ、ご退院ください。

▲ページトップ